14/09/13 ホリスティックハーバルプラクティショナー養成講座の講師を担当いたしました

7月から8月にかけて、アビリティーにとってとても重要な2つの講座がありました。

まず、7月20日(日)と8月31日(日)に、北海道札幌市の「フィトナチューラ」様開催の「ホリスティックハーバルプラクティショナー養成講座」にて、代表長谷川が心理カウンセラーとして講師を担当させていただきました。

「ホリスティックハーバルプラクティショナー」とは…?
特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会の認定資格であり、基礎医学をベースにさまざまな代替医療を理解し、肉体的、精神的、さらにはスピリチュアルな観点からも健康を提案できるメディカルハーブのスペシャリストです。
この養成講座ではドクターも講師として立たれる、専門性の高い講座です。
http://phytonatura.com/service/school/medical-herbs/

いわゆる「心の病気」について、さまざまな事例を交えた内容の講座に、ハーブのスペシャリストを目指される受講生の皆さんは真剣に耳を傾けてくださいました。

受講後の感想より:
自己肯定感が大切というとところが印象に残りました。カウンセリングが必要な人も、そうでない人も、ひとりの人間として認められ、自分自身も存在価値を信じられるということが大切なのだと思いました」
「病を抱えている人にとって、それが身体の不調であっても、心の問題に目を向けられることが、救いにつながることもあるのだと思います。」
「心と体はつながっている」ということを、自分のためにも、自分が助けて挙げられるかもしれない人のためにも、いつも心に留めておきたいと思いました」

身体の健康に加えて「心の健康」も大切であること。
そのためにカウンセラーの存在が必要であること。
メディカルハーブや代替医療の分野においてそのことが認められ、浸透し始めているのです。

今後も、さらに「心の健康」の大切さをお伝えしてまいります。

インストラクターブログもご覧下さい
http://blog.livedoor.jp/ability_instructor/archives/2192464.html

20140913192158php23t5vF

20140913192158phpinZfbP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です