未分類

NPO法人日本メンタルヘルスサポート協会主催「メンタルヘルスケア講師養成講座」を担当させて頂きました。

2019年1月6日、北海道札幌市フィトナチューラ様にて開催された
NPO法人日本メンタルヘルスサポート協会主催の、
メンタルヘルスケア講師養成講座」を担当させて頂きました。

メンタルヘルスケア講師養成講座とは…?
心を扱う講師の在り方、伝える技術、
理解されやすい内容の作り方、
ワークの誘導法、自分の経験を率直に受講生の方に伝える
「自己開示」のスキルなど、メンタルヘルス講師に必要な技能を養う2日間の講座です。

 

 

 

 

 

 

メンタルヘルスケア講師資格とは…?
メンタルヘルスケア講師認定試験合格が条件となります。
「カウンセラーの講師」という立場から、
メンタルヘルスに関する講座や研修を行えるスキル習得の証として
職場や個人で講座を開催する際に活用できる資格です。

既にプロの研修講師として活躍されておられる方でしたが、
ご自身の専門分野にメンタルヘルスケアの知識と技術を加えて
いっそう幅と深みを持たせるべく意欲的に学ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

どのような職種でも、人が存在する以上メンタルヘルスの必要性が常に存在します。
より多くの方々がメンタルヘルスケアについての知識とスキルを習得し、

より健康でより働きやすい社会を作ってゆく力になることを願っております。

『受講生の声』に新たに掲載いたしました

JAA日本アロマコーディネーター協会インストラクター指定講習会を受講された
園芸療法士、ホリスティックハーバルセラピスト、アロマインストラクターとして
北海道で活躍されている瀬川桂子さんのご感想を、
アビリティーメンタルトリートメントスクールHPの
「受講生の声」へ掲載させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

(以下、瀬川さんのご感想です)

子供達が幼い頃、足の関節を痛がり夜泣きの日々が続きました。
病院を受診しても成長痛の治療はなく、
新米ママは添い寝をしながら撫でてあげるくらいしかできませんでした。

その頃ハーブやアロマとの出会いがきっかけで、
植物の優しさを家族のケアに役立てようと
アロマコーディネーター資格を取得しました。
その後5年前から北星学園余市高校さんで

地域向け講座の講師を担当させていただいており、
受講者さまにより分かり易くお伝えできる様、
開講した翌年にインストラクター試験の申込をしました。

締切りまでぎりぎりにも関わらず快く対応して下さり、
実地会場の歌志内市の土地勘がないことからご配慮でアクセスしやすい
砂川市公民館の講義室で受講させていただきました。
本部の先生方が大切にされている事や、
研修に必要な勉強法も事前に丁寧にご指導くださったおかげで、
当日も大事なポイントにしぼって集中して学ばせて頂くことができ、
無事に合格することができました。

植物が人の暮らしを豊かにし、健やかに寄り添ってくれることを実感する傍ら、
お一人でも多くの方にその魅力をお届けできればと、
園芸療法やさまざまな植物療法を学んでいく中、
ホリスティックハーバルプラクティショナーの臨床心理学の講座の際にも、
アビリティーブラッシュアップスクールの長谷川先生と再会できました。

先生の講義では解決させるためではなく
受容されている事を感じ取ってもらえる会話のノウハウや、
言葉だけでは伝えきれない細やかな表現を読み取る
バウムテストを体験させていただき、
それらを通して肩の力が抜け、私自身の心が解放されるような実感を得られました。
それは植物の香りがそっと寄り添ってくれる時のように
気持ちが楽になり自然体で、素直になれる体験でした。
ふとしたときに意識することで心を平静に保てるよう、
その時々のシチュエーションに活かせるようになりたいと思います。

様々な代替療法を知り、自分のコンディションや場面に応じて
それらも上手に利用することで自己治癒力を高め、
心身や魂を輝かせ健康に導いていくことが、ホリスティックな健康観に含まれています。

そして寄り添う「人」としてもどうあるべきか。
長谷川先生の優しく丁寧なご指導は、それをじんわりと教えてくださいました。

長谷川先生、どうも有難うございました。
植物と人とつなぐお役目というご縁に、心から感謝しています。

他の受講生の方々のご感想も、併せてご覧になって下さい。

新入学の方ご紹介:久保田菜月さん

この記事より、アビリティーブラッシュアップスクール及びアビリティーメンタルトリートメントスクールにて新たに学びを始められた皆様を、ご本人の了承の下で紹介して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

久保田菜月さん
大阪府下にてヨガインストラクターとして活躍されておられます。
コミュニケーション心理学講座、アクティブリスニングA,Bコースを10月4日よりスタートされました。
カウンセリングやアクティブリスニングを始めとするコミュニケーションのトレーニングを通して、
さらにブラッシュアップされてゆかれますように応援しております!

NPO法人日本サービスマナー協会主催 「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当いたしました

11月21日(水)大阪市内にて開講された、NPO法人日本サービスマナー協会主催 「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当いたしました

メンタルヘルスアドバイザーは企業で働く人々の個人的、組織的な問題を解決し、また未然に防ぐために様々な働きかけを行なう「企業の『心の健康』を管理、担当する専門家」として活動するための認定資格です。

この「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を定期的に担当させていただいておりますが、毎回様々な職種や背景の方とご一緒させて頂きます。
働く人の「心の健康」は、どの業種においても大きな関心事になっていることを感じます。

今後もこの流れがさらに広がり、どんな人でも安心して働くことのできる社会になることを願います。

※受講生の方の感想を研修ブログへアップしておりますので、併せてご覧くださいませ。

JAA認定インストラクター指定講習会を担当させていただきました

2018年10月20日土曜日、大阪市内にて開催されました「JAA(日本アロマコーディネーター協会)認定インストラクター指定講習会」を、代表長谷川が講師として担当させていただきました。

 

 

 

 

JAA認定インストラクターとは…?
所定の講習を受講した後、認定試験に合格する事で「JAA認定インストラクター」として登録されるJAA正会員のことです。

認定後は、下記の活動が可能になります。
①全国各地の一般企業、公共団体、教育施設、福祉関連施設より、アロマセラピーセミナー開催の要請があった際に、優先的にセミナー講師を務めることができます。
②JAA登録講師として、JAAのホームページにプロフィールやスキルを紹介し、一般事業所からの講師依頼を受けることができます。
③所定の手続きによりJAA認定加盟校として登録し、アロマコーディネーターライセンス対応講座を開講することができます。(JAAホームページより抜粋)

初めての方が正しく安全にアロマを楽しんでいただくためにどのように伝えてゆくのかだけでなく、講師として最も大切な「大きな声で、分かりやすく伝える」ため、長谷川オリジナルの発声・発音練習等のアナウンストレーニングにもチャレンジいたしました。

 

 

 

 

ご一緒された皆様全員がが認定試験に合格され、より多くの人々へアロマセラピーの裾野を広げてゆく力になってゆかれることを願っております。

北海道砂川市公民館「ぷちスキルアップ塾」を担当いたしました

2018年10月17日、北海道砂川市公民館にて開催された、「ぷちスキルアップ塾」を、昨年、一昨年に引き続いて担当させていただきました。

「社会人のコミュニケーション」というタイトルのもと、市内に在住、在勤される若い人たちへ向けて、社会人の基礎力やビジネスマナーの基礎、「ジョハリの窓」を通した自分自身の発見、「Iメッセージとストローク」を通したコミュニケーション力の向上の仕方などをお伝えさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした内容は、学校では学ぶことがほとんどないながら、社会においては大変重要なスキルと言えるかもしれません。
今回受講された皆様の更なるキャリアアップへつながってゆきますことを願っております。

研修ブログへ受講生の方の感想を掲載しておりますので、併せてご覧くださいませ。

 

NPO法人日本サービスマナー協会「リーダー育成研修」を担当いたしました

9月24日(月・祝)14時より大阪市内にて開催されました、NPO法人日本サービスマナー協会「リーダー育成研修」を担当させて頂きました。

リーダー育成研修とは?

チームのトップとして部下の手本となり、礼節と思いやりがあり、コミュニケーションが円滑な、結果の出せるチームを作れるリーダーを育成するための講座です。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

代表長谷川はメンタルヘルスの分野を担当し、受講生の方々にカウンセラーとしての視点と経験に基づいたかかわり方をお伝えさせて頂きました。

結果の出せる強いチームを作ってゆくために、実務面のみならず、部下ひとりひとりのメンタルヘルスにもアンテナを張り巡らせ、適宜対応して行くことが不可欠です。
チームをけん引し、会社の目的を遂行してゆけるリーダーとして、受講生の皆様がパワーアップされてゆかれることを願っております。

砂川市立中央小学校「学校便り」に掲載頂きました

先の記事にてお知らせいたしました、北海道砂川市立中央小学校PTA教養講座砂川市立中央小学校「学校便り」に掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

私達は様々な人との出会いを繰り返しながら日々を送っております。
「一期一会」という言葉がありますが、
コミュニケーションという、「人」と「人」とのつながりを扱う者として、
出会い、ご一緒してくださる方々との「ご縁」を一層大切にして参ります。

北海道砂川市立中央小学校にて教養講座を担当させて頂きました

2018年9月3日(月)18時より、北海道砂川市立中央小学校にて開催された講演会にて、教養講座を担当させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Iメッセージ”を中心に、自分の気持ちをよりよい形で伝えるコミュニケーション技術についてお伝えさせて頂きました。

この講演会には教職員や役員に加え、校長先生や教頭先生もご参加下さり、真剣にワークに取り組んで下さいました。

また、受講された皆様からいただいた感想を研修ブログにアップいたしましたので、併せてご覧ください。

時代の変化と共に、教育現場にも日々新たな課題が生じます。
しかし、先生と生徒、もしくは保護者とのコミュニケーションにより教育がなされてゆくのはいつの時代も変わることはありません。

日々子どもたちや保護者の皆様との関係が一層円滑になり、子どもたちがさらに伸びやかに発育してゆく場となってゆく事を願っております。

NPO法人日本サービスマナー協会主催 「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当させて頂きました。

大阪市内にて開講されたNPO法人日本サービスマナー協会主催
「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当させて頂きました。

メンタルヘルスアドバイザーは企業で働く人々の個人的、
組織的な問題を解決し、また未然に防ぐために
様々な働きかけを行なう
「企業の『心の健康』を管理、担当する専門家」として
活動するための認定資格です。

今回受講してくださった方は、普段ビジネスマナー講師として活躍されておられます。
ご自身の講座の中でもメンタルヘルスについて尋ねられることが多くなり、この度受講してくださいました。

働く人々の「心の健康」は、どんな業種、どんな立場の人にとっても重要なテーマであると言えるでしょう。
今回お伝えさせて頂いた内容をプラスされて、さらに広い分野にて活躍されてゆかれることを願っております。