大手流通会社にてメンタルヘルス研修を担当させていただきました。

8月27日、9月3日の両火曜日、大手流通会社である「DHLグローバルフォワーディングジャパン」様のメンタルヘルス研修を、大阪支社担当させていただきました。

8月27日:DHL大阪支店(大阪府大阪市中央区)
9月3日:DHL中部国際空港サービスセンター(愛知県常滑市)

2016年の研修
2017年の研修

 

 

 

 

 

2年ぶりに担当させていただいた今回は、仕事による心理的、社会的な特徴や環境によっておこる身体的、精神的反応である「職業性ストレス」という観点を基に、

エゴグラムを活用した「行動傾向」を知る「心理的アプローチ」、
アクティブリスニングやIメッセージを活用したコミュニケーション術、
そして食事や睡眠の質といった生活習慣の見直しという「身体的アプローチ」

という3つの観点から、すぐに活用できるセルフケアの方法についてお伝えさせていただきました。

「働き方改革関連法案」が施行されて半年が経とうとしております。
経営側が残業時間の削減が進められる反面、現場では「今抱えている仕事が終わらない」等の軋轢が新たなストレスとなるなど、別の課題が生まれつつあります。

大きな変化には「過渡期」がつきもので、その時期には普段以上にストレスがかかることもあります。
経営側の努力だけでなく、従業員各自がストレスとうまく付き合い、セルフケアをしてゆくことで、会社全体として時代の大きなうねりを乗り越えてゆけるのでしょう。

アビリティーも社会の流れに対応し、企業レベルでも、個人レベルでもより柔軟できめ細やかなメンタルサポートを提供して参ります。

北海道礼文町国民健康保険船泊診療所にて造型療法の講座を担当させて頂きました。

7月17日(水)、日本最北端の「国民健康保険診療施設(国保直診)」である、北海道礼文町国民健康保険船泊診療所にて、造型療法の講座を担当させて頂きました。

※国民健康保険診療所(国保直診)について
国民健康保険事業を行う保険者である市町村(この場合、礼文町)は、国民健康保険事業の一つとして病院、診療所を設置することができます(国民健康保険法第82条)。
つまり国保直診は、地方自治法に基づき設置された「公の施設」であり、国民健康保険法に基づき設置された「病院、診療所」です。

礼文町国民健康保険船泊診療所は、離島地域における医療の充実強化のため平成14年10月に病院規模の診療所として改築されました。

国民健康保険診療施設について
礼文町国民健康保険船泊診療所について

礼文町国民健康保険船泊診療所での講座は、2014年以来毎年この時期に開催させていただき、今年で6回目になります

2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

今回は粘土を使用した造型療法の講座を開催させていただきました。

 

 

 

 

 

 

参加して下さった医師や職員のみなさまが、久しぶりに触れる粘土の感触を楽しむうちに会話が弾む中で自由に造型してゆかれました。
「自然とコミニュケーションにつながる素晴らしい療法だと思います」、「精神科デイケアに役立ちそう」等、造型療法の可能性を感じていただく事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

有人島としては日本最北端である礼文島。
その住民と共に生き、命と健康を守っている医師やスタッフの皆様に、毎年このような形で毎年お役に立てていることを、本当に光栄に感じます。

タイトル:宝塚市観光大使「リボンの騎士サファイア」スピーチ、マナー研修(7年目)を担当させていただきました

6月18日(火)19日(水)の2日間に渉り、今年で7年目になる宝塚市観光大使リボンの騎士「サファイア」のスピーチ、マナー研修を担当させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

観光大使「サファイア」として新たに選ばれたお二人に、姿勢や発声、公の場所でのマナーのトレーニングをさせていただきました。

 

 

 

 

また、アビリティーにて現在受講してくださっている方々が、前職や現職を活かして研修に協力してくださり、マナー全般や花束の受け渡し、美しい姿勢やポージング、写真撮影のポイント等の講座を担当して下さいました。

その週末である6月23日(日)、阪神競馬場で開催された宝塚記念にて、2019年度JRA年間プロモーションキャラクターである松坂桃季さんに花束を贈呈するという初仕事を堂々と果たされました。

これから様々なステージで宝塚市の魅力をお伝えする「サファイア」たちを、今年も応援しております!

医療法人豊旺会啓正病院様にて接遇応対研修を担当させていただきました

4月16日(火)大阪市生野区にある医療法人豊旺会啓正病院様にて、接遇応対研修を担当させていただきました。

医師及び医療スタッフの皆様を対象に、患者様が安心感を抱いて来院していただくため、医療従事者の側にどんな言動や態度が求められているのか、心理学的視点から考え、
うなずきやあいづち、共感の言葉、ストロークといった、コミュニケーションの知識と技術をお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

自分自身にも大切な家族にとっても、健康であることはは一番の宝です。
健康な時にも非常時にも、医療機関はその「宝」を守ってくれる、とても重要な機関と言えるでしょう。

それだけに、医師やスタッフについて「話しやすい、分かってくれる」と感じられるのであれば、私達はいつでも安心して自分や家族を委ねられることでしょう。

日々、患者様一人一人の「生命の現場」にて戦っておられる医師やスタッフの皆様に、今回お伝えさせて頂いた内容がお役に立ち、いっそうの安心感を患者様に抱いていただけることを願っております。

研修ブログもご覧ください。

東芝キヤリア株式会社様にて新入社員研修を担当させていただきました

4月8日(月)~10日(水)の3日間に渉り、静岡県富士市の「東芝キヤリア株式会社富士事業所」さまにて、新入社員研修(ビジネスマナー)を担当させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

外国籍の方を含め36名の新入社員の方へ、電話応対やビジネス文章のルール、社会人として持つべき意識、さらにはビジネスの場におけるコミュニケーションについてお伝えさせていただきました。

初めのうちこそ、学生の頃との勝手の違いに戸惑いを抱いていたみなさまも、研修が進むにつれて積極的に実行し、吸収してゆかれました。

多くの業界で人手不足、売り手市場の昨今。
就職活動を経て採用された新入社員一人一人、まさに「会社の未来を担う貴重な人材」として大きな期待をもって迎え入れられました。

この度お伝えさせて頂いた数々の基礎的な点を土台にそれぞれの能力を発揮し、企業はもちろんのこと、新たな時代の日本を動かしてゆく人材として活躍されることを願っています。

研修ブログもご覧ください。

NPO法人日本サービスマナー協会主催 「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当いたしました

3月25日(月)大阪市内にて開講された、

NPO法人日本サービスマナー協会主催 「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」を担当いたしました

メンタルヘルスアドバイザーは企業で働く人々の個人的、組織的な問題を解決し、

また未然に防ぐために様々な働きかけを行なう「企業の『心の健康』を管理、担当する専門家」として活動するための認定資格です。

今年4月より、新たに改正労働基準法が施行され、

労働者の年次有給休暇の付与や残業時間の上限規制等が義務かされるようになります。
働く人の心身の健康管理は、労働者側のみならず、

経営者側にもまさに「待ったなし」の課題になっています。

定期的に担当させていただいております「メンタルヘルスアドバイザー認定講座」、

そして受講されるみなさま一人一人が、より働きやすい社会を作ってゆく後押しになることを願います。

※受講生の方の感想を研修ブログへアップしておりますので、併せてご覧くださいませ。

当スクールの修了生がリポーターとして採用されました!

アナウンスプロトレーニングコースの修了生、丸山すずさんが、
このたび、某放送局のリポーター選考試験に見事合格され、
4月より実際に番組に出演されることになりました!

 

 

 

 

 

 

 

元は薬剤師としてお仕事をされていた丸山さんですが、
当スクールでアナウンスのスキルをしっかりと身につけられ、
オーディションの際にも、抜きん出たアナウンスの基礎力が注目されたそうです。

当校からプロのリポーターが輩出されることは大きな喜びです!
今後の丸山さんのご活躍を応援し、さらなる飛躍を祈念しております。

 

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会主催「メンタルヘルスケア講師養成講座」を担当させて頂きました。

2019年1月6日、北海道札幌市フィトナチューラ様にて開催された
NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会主催の、
メンタルヘルスケア講師養成講座」を担当させて頂きました。

メンタルヘルスケア講師養成講座とは…?
心を扱う講師の在り方、伝える技術、
理解されやすい内容の作り方、
ワークの誘導法、自分の経験を率直に受講生の方に伝える
「自己開示」のスキルなど、メンタルヘルス講師に必要な技能を養う2日間の講座です。

 

 

 

 

 

 

メンタルヘルスケア講師資格とは…?
メンタルヘルスケア講師認定試験合格が条件となります。
「カウンセラーの講師」という立場から、
メンタルヘルスに関する講座や研修を行えるスキル習得の証として
職場や個人で講座を開催する際に活用できる資格です。

既にプロの研修講師として活躍されておられる方でしたが、
ご自身の専門分野にメンタルヘルスケアの知識と技術を加えて
いっそう幅と深みを持たせるべく意欲的に学ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

どのような職種でも、人が存在する以上メンタルヘルスの必要性が常に存在します。
より多くの方々がメンタルヘルスケアについての知識とスキルを習得し、

より健康でより働きやすい社会を作ってゆく力になることを願っております。

『受講生の声』に新たに掲載いたしました

JAA日本アロマコーディネーター協会インストラクター指定講習会を受講された
園芸療法士、ホリスティックハーバルセラピスト、アロマインストラクターとして
北海道で活躍されている瀬川桂子さんのご感想を、
アビリティーメンタルトリートメントスクールHPの
「受講生の声」へ掲載させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

(以下、瀬川さんのご感想です)

子供達が幼い頃、足の関節を痛がり夜泣きの日々が続きました。
病院を受診しても成長痛の治療はなく、
新米ママは添い寝をしながら撫でてあげるくらいしかできませんでした。

その頃ハーブやアロマとの出会いがきっかけで、
植物の優しさを家族のケアに役立てようと
アロマコーディネーター資格を取得しました。
その後5年前から北星学園余市高校さんで

地域向け講座の講師を担当させていただいており、
受講者さまにより分かり易くお伝えできる様、
開講した翌年にインストラクター試験の申込をしました。

締切りまでぎりぎりにも関わらず快く対応して下さり、
実地会場の歌志内市の土地勘がないことからご配慮でアクセスしやすい
砂川市公民館の講義室で受講させていただきました。
本部の先生方が大切にされている事や、
研修に必要な勉強法も事前に丁寧にご指導くださったおかげで、
当日も大事なポイントにしぼって集中して学ばせて頂くことができ、
無事に合格することができました。

植物が人の暮らしを豊かにし、健やかに寄り添ってくれることを実感する傍ら、
お一人でも多くの方にその魅力をお届けできればと、
園芸療法やさまざまな植物療法を学んでいく中、
ホリスティックハーバルプラクティショナーの臨床心理学の講座の際にも、
アビリティーブラッシュアップスクールの長谷川先生と再会できました。

先生の講義では解決させるためではなく
受容されている事を感じ取ってもらえる会話のノウハウや、
言葉だけでは伝えきれない細やかな表現を読み取る
バウムテストを体験させていただき、
それらを通して肩の力が抜け、私自身の心が解放されるような実感を得られました。
それは植物の香りがそっと寄り添ってくれる時のように
気持ちが楽になり自然体で、素直になれる体験でした。
ふとしたときに意識することで心を平静に保てるよう、
その時々のシチュエーションに活かせるようになりたいと思います。

様々な代替療法を知り、自分のコンディションや場面に応じて
それらも上手に利用することで自己治癒力を高め、
心身や魂を輝かせ健康に導いていくことが、ホリスティックな健康観に含まれています。

そして寄り添う「人」としてもどうあるべきか。
長谷川先生の優しく丁寧なご指導は、それをじんわりと教えてくださいました。

長谷川先生、どうも有難うございました。
植物と人とつなぐお役目というご縁に、心から感謝しています。

他の受講生の方々のご感想も、併せてご覧になって下さい。

新入学の方ご紹介:久保田菜月さん

この記事より、アビリティーブラッシュアップスクール及びアビリティーメンタルトリートメントスクールにて新たに学びを始められた皆様を、ご本人の了承の下で紹介して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

久保田菜月さん
大阪府下にてヨガインストラクターとして活躍されておられます。
コミュニケーション心理学講座、アクティブリスニングA,Bコースを10月4日よりスタートされました。
カウンセリングやアクティブリスニングを始めとするコミュニケーションのトレーニングを通して、
さらにブラッシュアップされてゆかれますように応援しております!